• date : 2010年8月20日~2010年9月4日
    place : West Space (Level 1, 225 Bourke Street, Melbourne, VIC, 3000)
    type : Royal Icing on wall

    見えない島
    (sugar painthing-preserved landscape-)

    私達が地図を見るとき、海によって切り取られた陸地だけしか知る事が出来ない。
    その先は海の底で、紙の上では表現されないのだ。
    しかし海岸線が陸の終わりではないく、陸はその先にもずっと続いている。
    大陸と言う名の島は、私達が見えない海の底で無限に繋がっている。

    ポート・フィリップ・ベイはその昔、人々が暮らす平野であった。
    食物を育て、狩りをし、食べ、休む、人が生きる陸地。
    ある時、人々の行いに怒った海が上昇し、平野は沈んで湾となった。
    今も海の底には平野に流れていた大きな川が流れている。

    私は見る事が出来ないその先の存在を、この古い物語から想像する。
    かつてあった大地と、見えない大地。
    私はその風景を、ひととき砂糖によってこの場所に保存するよる事にした。
    その後、風景画は消され、昔の人々の記憶の物語は、鑑賞したあなたの記憶にのみ残る。
    Invisible Island
    (sugar painting-preserved landscape-)

    When we look at a map, we are only able to learn of the land which is separated from the sea by the coastline.
    Beyond the coastline, we think the land changes into the bottom of the sea, and we do not fully become aware of it on a map.
    However, the coastline is not the end of the land.
    It leads into the sea and beyond.
    The islands that we call continents are actually connected to each other at the bottom of the sea.

    In the old days, the Port Philip Bay was a large flat grassy plain.
    It was a land where the people lived there cultivating, hunting and sleep.
    One day, The sea, angry to people’s doing and rise.
    Then, Whole plain was covered in water and aerated the Port Philip Bay.
    Today, the river that once flowed out across the large plain still flows under the bay.

    I imagine the existence of the plain and river from the old story.
    The land once there is invisible now.
    I decided to draw the landscape with sugar and preserve it for a short while.
    The works will, however, only remain in viewer`s memories as it is seen within limited period then destroyed.